野の花を描く仲間たち8人展

2017年4月4日(火)~4月9日(日)

10:00~19:00[最終日17:00迄

2013年11月26日(火)~12月1日(日)桑原信之・古山卓の二人展~えとかぐ~

桑原信之×古山拓 二人展

「えとかぐ・カグトエ」

 

山形在住の家具作家・桑原信之の作りだす「呼吸する線」と、

仙台在住の画家・古山拓の描き出す「ドローイング」が紡ぐ融合展。

 

2013年11月26日(火)~ 12月1日(日)

am10:00~pm7:00(最終日pm5:00)月曜定休

 

ジャンルの異なる私たちですが、二人の会話の中にひんぱんに登場する言葉がありました。それは、「線」でした。家具と絵の中に、皆様の「線」を見出していただければうれしいです。

ぜひご高覧ください。

【古山 拓】

岩手出身、仙台市在住。個展、広告商品図案、出版等で活動。東北各地、銀座、川口、岡山等で旅の水彩画展を開催。

●作家在廊日:11/26・30・12/1は終日。他は午後1時より在廊予定。

【桑原 信之】

愛知出身、山形県在住。家具から小物まで木工製品を制作。仙台、新潟、山形を中心に個展、合同展。

●作家在廊日:11/26・30・12/1在廊予定。

調和という言葉が、ぴったりの二人展。

画廊に入ってすぐ感じた『柔らかな空気』。この空間が、私の部屋だったら良い仕事ができるだろうなと思った。机で仕事をしている自分がいて、ゆったりと絵を眺める自分がいて。そんなイメージが次々に現れるこの空間。なぜだろう、それでいて精密に設計された感じがする感覚は。絵は、柔らかさと優しさとゆったり感と。額は、・・?何か違う、どこかが今までの物とは違う。絵と額が一体化しながらそれぞれの表情と雰囲気と息使いを主張して小さな世界と生物感を目に見えない温度の違う空間を作っている。『おもしろ~い』こんな表現があったとは。お互いが持っている技と技術を知り、パートナーの良さを強調している作品は、とにかく気持ち良い。何の無理もなくさりげなく飾られている作品は、森の中の光あふれる展覧会といった方が、ぴったりだと思う。晩翠画廊と二人のアーティスト(古山先生(左)と桑原先生(右))が現したおとぎの世界。是非、体験してほしい空間だと断言できる。

追伸:だれのおしりにもぴったりの『椅子』あります。

(コメント:Mt.suzuki)

~美術品の話・お問い合わせ~

 

美術品または晩翠画廊についてのお問い合わせは下記の方法を

ご利用ください。

 

電  話:022-713-6230

お問い合わせ可能時間 AM10:00~PM19:00 休館日:毎週月曜日

ファクス:022-713-6252

E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

晩翠画廊からメールで回答させていただく場合、1週間前後の期間を

要することがございます。何卒ご了承ください。

利用案内ホームへ→

〒980-0803 仙台市青葉区国分町1丁目8-14 仙台第2協立ビル 1F

 TEL:022-713-6230  FAX:022-713-6252

 E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

営業時間 AM10:00~PM19:00(日曜日pm17:00)

会津財商株式会社

Copyright(C)2013●●● Bansui Gallery●●● All Rights Reserved.