野の花を描く仲間たち8人展

2017年4月4日(火)~4月9日(日)

10:00~19:00[最終日17:00迄

2013年10月1日(火)~10月6日(日) 倉本 信之 作品展』~チベット巡礼~

15周年記念リレー展 第3弾

倉本 信之 作品展

Nobuyuki Kuramoto

2013年10月 1日(火)~10月 6日(日)

am10:00~pm7:00(最終日pm5:00)月曜定休

 

 

1997年、チベットの奥地に旅し、遊牧民と何日かを過ごさせていただいたことがあります。そこで、遊牧民の心にふれその虜となって現在に及んでいます。すべての生きとし生けるものにおもいやりを抱き逞しく生きる姿があります。

 

※会期中 作家在廊

 

■プロフィール

1940 福島県相馬市生まれ

1960 相馬絵画研究所設立

1975 インドを中心にパキスタンからアジアハイウェーを陸路で取材の旅

     ヨーロッパまで行き着く、その後インド取材の旅続く

   「インド・シルクロードを描く」展

1986 エジプト、イスラエルを中心にアラブ地方取材の旅続く

   「聖地の風景展」1

1989 「聖地の風景展」2

1991 アートギャラリー・絵のある部屋オープン

1993 中国の奥地に取材の旅続く「シルクロードの天女たち展」

     第1回「北京・モンゴル絵画交友の旅」実施・NHK TV出演

1995 「北京・モンゴル絵画交友の旅」2実施

1997 「北京・モンゴル絵画交友の旅」3実施

1996 インドネシア長期取材の旅

1998 中国・長春師範大学客員教授就任

1999 中国・内モンゴル大学客員教授就任 チベット高原に遊牧の民を訪ねる

     取材続く ・中国・チベット大学客員教授就任

2000 「チベット巡礼展」1実施

2001 「チベット巡礼展」2実施

2003 「チベット巡礼展」3実施

2007 「チベット巡礼展」4実施

2013 「チベット巡礼展」5実施 京都・仙台・飛騨高山

作品名:ラマ僧の像 サイズ:S10(530×530)

作品名:青りんご持てる遊牧少女サイズ:S15(652×652)

 晩翠画廊にチベットの風景を倉本作品が創りあげる!

モンゴルとチベット。その言葉に、雄大に広がる景色と歴史を感じるのではないだろうか。仏教の道、絹の道、歴史の中で大地と共に生きてきた民族。倉本先生は、1年の3か月をこの地で過ごしていると話す。描き出された作品を前に、話を聞くとその空間は、倉本先生が描き出すチベットの風景。人が生活していることで描き出されるチベットの風景。TV映像で見ている風景とは違う風景が、そこにはある。作品を見ながら、話を聞き、また、作品を見る。なんと、贅沢な時間を過ごしているのかと思いながらもこの状況に浸っている自分は、『会えてよかった』と感じずにはいられない。とにかく、楽しい。この感じ、この空間、この風、そして、面白い話を笑顔で話してくれる倉本先生に、会えたこと。このチャンス。しっかりと皆さんにも掴んでほしい。

キーワードは、春夏秋冬。この意味を問うてみると良い。倉本先生のホームページは↓

旅する画家 倉本信之の世界 http://www.n-kura.com/

~美術品の話・お問い合わせ~

 

美術品または晩翠画廊についてのお問い合わせは下記の方法を

ご利用ください。

 

電  話:022-713-6230

お問い合わせ可能時間 AM10:00~PM19:00 休館日:毎週月曜日

ファクス:022-713-6252

E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

晩翠画廊からメールで回答させていただく場合、1週間前後の期間を

要することがございます。何卒ご了承ください。

利用案内ホームへ→

〒980-0803 仙台市青葉区国分町1丁目8-14 仙台第2協立ビル 1F

 TEL:022-713-6230  FAX:022-713-6252

 E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

営業時間 AM10:00~PM19:00(日曜日pm17:00)

会津財商株式会社

Copyright(C)2013●●● Bansui Gallery●●● All Rights Reserved.