野の花を描く仲間たち8人展

2017年4月4日(火)~4月9日(日)

10:00~19:00[最終日17:00迄

2014年10月14日(火)~10月19日(日)  ~山河望郷 ~ 青砥 昭修 日本画展

~山河望郷~

青砥 昭修 日本画展

2014年10月14日(火)~10月19(日)

10:00~19:00[最終日17:00迄]

首都圏の生活を捨て、会津の山奥に工房を構えて二十年の月日が流れました。街中の便利と引き換えに得たものは、ゆったりと流れる時間と四季の移ろいでした。

「 望郷 」 F8号

積雪3メートルを超える冬が終わると日差しも柔らかくなり、木々の根元には穴が開き、根開きが始まります。やがて、白一色の山々は淡い緑に覆われ、下界に遅れること一月半、啓蟄の時を迎えます。

 

工房で筆を持つ時間と鍬を持って畑に居る時間が逆転します。ふと手を休め、眺める山々に癒され、そして再び額に汗する…。

夏、山々は鬱蒼とした緑に覆われ、すべてが止まったかのような昼下がり…

そして夕暮れ時のひぐらしの声と涼風に一日の疲れを癒され、時に大地の境を消し込んでしまうかのような夕立に身を震わせます。

 

すっかり日の短くなった秋の夕、工房から自宅へと続く道沿いでは、あたりを埋め尽くしたススキの穂が煌々と輝く満月に映し出されます。

錦の山、中秋の名月…雪解けに始まった山は動から静へと移り変わり、やがて白いものがふわふわと舞い始めて、再び静寂の眠りにつきます。

 

私の制作は四季の移ろいと共に流れているように思います。その時々に惹かれたものを作品として記憶にとどめてみました。

-青砥 昭修-

プロフィール

1956年  千葉県生まれ

1985年  東京藝術大学美術学部絵画科 日本画専攻卒業

1987年  同大学院 日本画専攻修了

1988年  現代美術研究のため渡米

1991年  オーストラリア先住民族アボリジニー芸術研究

             のため渡豪

1993年  春季創画展出品

              福島県(旧)熱塩加納村に日本画家、染織作家と

              共に「工房ゆづりは」を開く

2000年  ゆづりは展(福島県矢吹町・ふるさとの森芸術村)

              個展(福島テルサ他)

              日本画・能面・漆芸三人展

             (会津若松市・ギャラリー自由空間)

2001年  日本画・漆芸二人展(福島市・福島テルサ他)

2007年  個展: 晩翠画廊(仙台市)

2008年  個展: 晩翠画廊(仙台市)/仙台三越(グループ展)

2009年  個展: 晩翠画廊(仙台市)

2011年  個展: 晩翠画廊(仙台市)

2012年  個展: 晩翠画廊(仙台市)

 

現在  無所属/工房・主宰/個展・グループ展を中心に活動

画家 青砥 昭修

あおと  あきのぶ

福島県喜多方市在住

~ 研ぎ澄まされた感性~

日本画は、絵具そのものを知らなければ描けないものだということを今回ほど感じさせられたことはなかったと思う。ほしい色を選び出すというより作りだす凄さを教えて頂いたからだ。同じ原料であっても、粒子の細かさで濃度が変わることを知らない私には、絵が完成されるまでの行程がとてつもなく長く感じ、その絵具を素早く塗ることがいかに難しいかを知ったからでもある。もっと、驚かされたのは絵は構想段階で既に出来上がっており、その思い描いたものを作り上げていくというのだ。どこに何色をどの程度の明るさでどんなふうに塗り、さらにその上にといった感じだ。ということは、完成図を基に色別に粒子の細かさから強弱、線の太さにあった筆を選び描くなどが緻密に計算され、それを今まで培った経験から作りだしていると言う。そこで、改めて作品を見てみると背景にもいくつもの細かな変化があり、その変化によって見る人は、情感を覚える。どの色を見てもその複雑さが何とも言えない干渉を作りだし私に語りかけてくる。青砥先生が作りだしたこれらの作品は、ごく自然でごく解りやすく、そして、楽しませてくれる。まさに、日本画の素晴らしさを教えて頂ける作品展と言える。コメント(Mt.SUZUKI)

「 森を想う 」 S8号

「 雀の親子 」 F4号

「 冬の雨 」 P3号

「 牡  丹 」 F4号

「 春  宵」

~美術品の話・お問い合わせ~

 

美術品または晩翠画廊についてのお問い合わせは下記の方法を

ご利用ください。

 

電  話:022-713-6230

お問い合わせ可能時間 AM10:00~PM19:00 休館日:毎週月曜日

ファクス:022-713-6252

E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

晩翠画廊からメールで回答させていただく場合、1週間前後の期間を

要することがございます。何卒ご了承ください。

利用案内ホームへ→

〒980-0803 仙台市青葉区国分町1丁目8-14 仙台第2協立ビル 1F

 TEL:022-713-6230  FAX:022-713-6252

 E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

営業時間 AM10:00~PM19:00(日曜日pm17:00)

会津財商株式会社

Copyright(C)2013●●● Bansui Gallery●●● All Rights Reserved.