野の花を描く仲間たち8人展

2017年4月4日(火)~4月9日(日)

10:00~19:00[最終日17:00迄

2015年5月12日(火)~5月17(日) 井上 厚 木版画展~遠い日々を想うとき~

 「 遠い日々を想うとき 」

井上 厚 木版画展

2015年5月12日(火)~5月17日(日)

10:00~19:00[最終日17:00迄]

小学生の頃、家の裏に広い空き地があり、そこに大きなソファーが置かれていました。夕闇が迫っていてオレンジ色の光が印象的でした。そのソファーに飼っていた猫が丸くなって寝ていたので、隣に座ると甘えて膝の上に乗ってきました。あたりも少し暗くなって来て、大きな猫だったので段々重く感じましたが、気持ちよさそうに眠っていたのでそのまま座り続けていました。今も心に残るこの風景をテーマにつくりました。旧作と合わせてご覧いただければ幸いでございます。

ー井上 厚(東京都在住)ー

~素晴らしき探求心~

広大な草原の中で柔らかな風の中に包まれながら井上先生の作品をまったりとして眺めたい気持ちになった。何とも言えない柔らかな中にあるしっかりとした存在感と安定感は、特別な空気感と時間の流れを作り上げている感じがした。その感覚は、木目が作りだしていると思うのだが、木目が他の描かれた素材と自然に溶け込みストーリーを生み出している。いったいどうやって作り上げられたのかそこが気になってしょうがない。まるで、描かれた作品のように見えるからだ。先生に伺うと、木の特性が木目をしっかりと作り上げているとのことだが、そればかりではなかった。これらの作品に表現されている「色」を生む出しているのは、和紙に含ませる水加減が非常に重要であり、色の強弱や柔らかさを出すために実は様々な技術を駆使して出来上がっていることである。とにかく、作品を生み出すのが好きなのだと思う。だからこそ、今回はどこをどのような色でどんな技法でということをまるで、物語を中を愛犬や友人たちと一緒に散策しているような気分で楽しんでいるのだと思う。今回の版画展は、どんな言葉の表現よりも自分自身の目で必ず見るべきだと思う。本当に見ていて寛げるものばかりであり、どこかほっとする優しい作品達である。実に面白い!!

コメント:Mt.Suzuki(取材2015.05.12)

「マイ・フレンド」200×240

井上 厚 木版画家

【 略 歴 】

1962              東京に生まれる

1986              東京造形大学油画科卒業

1988              東京藝術大学大学院版画専攻修了

1991              ABERDEEN INTERNATIONAL YOUTH FESTIVAL

                       (スコットランド)招待参加

1991∼1993    東京藝術大学美術学部非常勤講師

1994∼1995    文化庁芸術インターンシップ

1999∼2004    埼玉大学教育学部非常勤講師

2002∼2003    明星大学日本文化学部造形芸術学科非常勤講師

2011              明星大学造形芸術学科非常勤講師

【 受 賞 】

1987         第55回日本版画協会展《奨励賞》

1989         第4回中華民国国際版画ビエンナーレ《佳作賞》

2003         第3回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ《奨励賞》

2011         第7回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ《準大賞》

【 グループ展 】

1986               第54回日本版画協会展(東京都美術館)[∼2005まで出品]

                       第5回ソウル国際版画ビエンナーレ(韓国)

                       第31回CWAJ現代版画展、第54回(2009)、

                       第56回(2011)(東京アメリカンクラブ)

1987               第2回和歌山版画ビエンナーレ(和歌山県立近代美術館)

                       第17回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ(ユーゴスラビア)

                       第3回西武美術館版画大賞展(西武美術館)

1988               第54回日本版画協会展[準会員推挙、その後2006年に退会]

1989               第4回中華民国国際版画ビエンナーレ展、第5回(92)第10回(01)

                       (台北市立美術館)

1990               ビエラ国際版画ビエンナーレ(イタリア)

                       現代の版画1990(渋谷区立松濤美術館)

1991               Aberdeen 国際ユースフェスティバル(スコットランド)

2002               第2回山本鼎版画大賞展(長野)、第4回(08)

2003               Ink from Wood : Too Traditions(アメリカ)

2005               東京国際ミニプリント・トリエンナーレ(多摩美術大学美術館)

2010               あおもり国際版画トリエンナーレ2010(青森)

                       版・印 日本版画テーマ展(国立台湾美術館)

2011               第7回飛騨高山現代木版画ビエンナーレ(岐阜)

                       第3回(03)、第6回(09)

2012               第11回南島原市セミナリヨ版画展(長崎)

【 個 展 】

1992,94          渋谷西武美術画廊(西武百貨店渋谷店B館)

1997               アートギャラリー タピエス(神戸)

1998               福原画廊(銀座)(以降00,02,04,07,08)

2003               楓画廊(新潟)(以降08,11)

2004               GT2(ギャラリー椿 京橋)

2005、08          樹樹画廊(名古屋)

2008               ギャラリートレンド(愛媛)

2011               アートギャラリー ミューズ(群馬)

2013               パレット画廊(山口)

【 収 蔵 】

                 町田市立国際版画美術館(東京)台北市立美術館(中華民国)

                 アバディーン アートギャラリー(スコットランド)

                 多摩美術大学美術館(東京)高山市(岐阜)

【 取り扱い画廊 】

                 ギャラリー椿(京橋)吉祥寺美術館(武蔵野市)楓画廊(新潟)

                 養清堂画廊(銀座)樹樹画廊(名古屋)

                 アートギャラリーミューズ(群馬)ガレリア グラフィカ(銀座)

「LIFE 2」289×209

「LIFE WITH A DOG(5)」275×275

「春の足音…(1)」255×334

「ある日のこと…」334×240

「ビクトリアの夕日」200×240

「丘の上の家」255×334

「ある夏の夕暮れ」240×200

「オレンジ色の木」200×240

「秋の陽だまり」255×334

~美術品の話・お問い合わせ~

 

美術品または晩翠画廊についてのお問い合わせは下記の方法を

ご利用ください。

 

電  話:022-713-6230

お問い合わせ可能時間 AM10:00~PM19:00 休館日:毎週月曜日

ファクス:022-713-6252

E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

晩翠画廊からメールで回答させていただく場合、1週間前後の期間を

要することがございます。何卒ご了承ください。

利用案内ホームへ→

〒980-0803 仙台市青葉区国分町1丁目8-14 仙台第2協立ビル 1F

 TEL:022-713-6230  FAX:022-713-6252

 E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

営業時間 AM10:00~PM19:00(日曜日pm17:00)

会津財商株式会社

Copyright(C)2013●●● Bansui Gallery●●● All Rights Reserved.