野の花を描く仲間たち8人展

2017年4月4日(火)~4月9日(日)

10:00~19:00[最終日17:00迄

2015年10月13日(火)~10月18日(日)「十三夜」島見 美由紀・宍戸 マキ・佐藤 友紀恵

十三夜

2015年10月13日(火)~10月18日(日)

10:00~19:00[最終日17:00迄]

十三夜とは十五夜の後の満月

秋の収穫を祝う祭りのひとつだったという説

同郷(岩手県一関市生まれ)の三作家が秋の夜空をテーマにそれぞれの素材と表現法で制作した作品展。

 

島見 美由紀(陶芸) –宮城県岩沼市在住-

宍戸 マキ(木製アクセサリー) –岩手県一関市在住-

佐藤 友紀恵(彫刻・絵画) –岩手県一関市在住-

~秋を奏でる十三夜~

見事なまでに調和のとれた空間が広がった今回の晩翠画廊。三人の作家が創りあげた音階にも似た芸術の階層を作品の一点一点が作りだしているかのようです。島見先生とは、今回で二回目となるのですが新たな表現を取り入れ、今までより以上に使いやすい器へと進化し、デザインに至っても今までのシンプルな中に貴賓が漂う器がさらに強調されています。また、宍戸先生の作品は、絵本の中から飛び出してきた主人公が、この世界を旅するかのごとく生き生きと遊びまわっている感覚になるものばかりです。というのもその表情が、とにかく可愛らしくそれでいて、おしゃれなのが良いのです。出かける時にも連れて行きたくなる自分自身に住んでいる妖精とも言えるかもしれません。佐藤先生は、作品の一つ一つが極めて繊細な精密機械のような感じがするものばかり。絵画、彫刻どちらを拝見しても見るたびに様々な情景が後からついてくる感覚になり、例え平面的な絵画だと思っても、実際は宇宙観を創りあげているように感じる不思議さ。実は、車で走っている時の風景が残像として記憶に残る色を取り出し表現していると教えられ、まさに精密機械による加工技術を思い浮かばせられました。空気が澄んできたこの時期、秋の夜を照らす月を見ながら美味しい食材とお酒を飲みながら今回の作品とともに過ごす楽しさは、たぶん夜更かし覚悟の酒宴になる事でしょう。きごころの知れた仲間と秋の夜長を満喫するのにふさわしい作品の数々でした。

コメント:Mt.Suzuki(取材2015.10.13)

赤陶象嵌草文金彩水指

塗り蓋付き

18.0×18.0×16.0

赤陶白秞雲形皿

赤陶幾何学文片口

赤陶粉引幾何学文鉢

赤陶白秞飯茶碗

陶芸家

島見 美由紀

木製アクセサリー

宍戸マキ

時   計

アクセサリー

ネックレス

彫刻・絵画

佐藤 友紀恵

「 ひだまり 」

焼き締め

「 コデマリ 」

2014 水彩 36×44

赤  2015

B4 アクリル

青  2015

B4 アクリル

島見 美由紀

Shimami Miyuki (陶芸家)

日本工芸会準会員

宮城県芸術協会会員

略歴

1971   岩手県一関市大東町出身

1989   岩手県立大東高等学校卒業

1991   仙台デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業

1998   宮城県岩沼市 陶芸家橋本昌彦氏に師事

2002   宮城県岩沼市  築窯

2006   個展 晩翠画廊(仙台)

2007   個展 晩翠画廊(仙台) 個展 ガレリア・アッカ(東京)

2010   個展 晩翠画廊(仙台)

2014   個展 石と賢治のミュージアム(一関)

           招待 第29回国民文化祭 「東北作家・風土への想い」(秋田)

2015   個展 盛久ギャラリー(盛岡)

           他グループ展多数

公募展受賞歴

2002   第39回 宮城県芸術祭 宮城県芸術賞

2006   第15回 河北工芸展 宮城県教育委員会 教育委員長賞

2009   第46回 宮城県芸術祭 宮城県芸術賞

          第18回 河北工芸展 NHK仙台放送局長賞

公募展入選歴

日本伝統工芸展         1回

東日本伝統工芸展     6回

益子陶芸展                1回

河北工芸展              17回

東北現代工芸美術展  2回

宍戸 マキ

Shishido maki (木製アクセサリー)

略歴

1971   岩手県一関市大東町出身

1989   岩手県立大東高等学校卒業

1993   日本デザイン専門学校卒業

1995   アパレルデザインやイラストの仕事を中心に活動

2006年より制作拠点を東京から岩手県に移して POLICO という名の手作り木製アクセサリーブランドを始める。 現在に至るまで雑貨店やセレクトショップ等でアクセサリーを販売。

年に数回グループ展や個展を開催

主な取引先

にじ画廊(吉祥寺)

豆千代モダン(新宿)

プピエミミ(代官山)

ラ・ボンボニエール(盛岡)

佐藤 友紀恵

Sato Yukie (彫刻・絵画)

現在  岩手県一関工業高等学校 教員

略歴

1972   岩手県一関市大東町出身

1989   岩手県立大東高等学校卒業

1994   岩手大学教育学部特設美術科卒業

            国展 彫刻部 入選

1996   個展 ギャラリーla vie (盛岡)

2002   個展 ギャラリー彩園子(盛岡)

2003   個展 ギャラリー彩園子(盛岡)

2004   個展 ギャラリー彩園子(盛岡)

2005   河北美術展彫刻部門 入選

2006   河北美術展彫刻部門 入選

2013   個展 ギャラリーカフェ1231(奥州)

           他 グループ展 多数

~美術品の話・お問い合わせ~

 

美術品または晩翠画廊についてのお問い合わせは下記の方法を

ご利用ください。

 

電  話:022-713-6230

お問い合わせ可能時間 AM10:00~PM19:00 休館日:毎週月曜日

ファクス:022-713-6252

E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

晩翠画廊からメールで回答させていただく場合、1週間前後の期間を

要することがございます。何卒ご了承ください。

利用案内ホームへ→

〒980-0803 仙台市青葉区国分町1丁目8-14 仙台第2協立ビル 1F

 TEL:022-713-6230  FAX:022-713-6252

 E-mail:bansuig@coral.ocn.ne.jp

営業時間 AM10:00~PM19:00(日曜日pm17:00)

会津財商株式会社

Copyright(C)2013●●● Bansui Gallery●●● All Rights Reserved.